名入れ生まれ年ワイン・ヴィンテージワインの贈り物

還暦ワイン

「還暦」はとても特別なもので、それまでの誕生日よりも盛大に祝います。還暦を迎えたご本人も、それを祝う周りの人も、60年という長い年月のひとつの大きな節目を迎える達成感や幸福感に包まれるものです。誕生日はそれまでも何度もあったわけですが、還暦への思いはひとしお。その日を祝うだけでなく、還暦というメモリアルをいつまでも心に刻んでおくためにも、生まれ年の名入れワインを贈るのに最適な日といえます。

⇒生まれ年の入ったワインが購入できるお店はこちら

幻想的

還暦は人生の大きな節目

還暦は、数え年で61歳のこと。今は満年齢の方が一般的なので、満60歳の誕生日にお祝いします。
干支とは、誰もが知っている「十二支」と、「十干(じっかん)」を組み合わせたもので、全部で60通りあります。つまり、還暦を迎えると生まれた時の暦にもどるということになります。還暦のお祝いが特別なものと考えられるのはこのため。ぐるりと一周の人生を重ねた、記念すべき誕生日ということになります。

今ではかなり少なくなっていますが、還暦を迎えた主役に、赤いちゃんちゃんこと大黒頭巾を着てもらう風習があります。これは生まれた時、つまり赤子(赤ちゃん)に還るという意味があります。赤いちゃんちゃんこは、最近ではあまり見かけることはありませんが、今でも還暦祝いに赤いものを贈る人は多いもの。

赤い花とグラス

現代では、還暦といっても心身ともに若い人も多いもの。生まれ年の名入れ赤ワインをプレゼントすれば、おしゃれで気の利いたプレゼントとしてきっと喜ばれるでしょう。

⇒生まれ年の入ったワインが購入できるお店はこちら

家族で囲み、感謝をこめて乾杯する

60歳は、暦が還る節目の年齢ですから、それまでの人生を振り返る絶好の機会となります。幸せなことも、中にはそうではなかったこともあったかもしれませんが、たくさんの人に祝ってもらえれば、すべてが今の自分に必要だったことと思えるもの。お祝いの言葉やたくさんの笑顔に包まれながら、感慨深い思いにひたれるのが還暦の日です。

多くの人は、家族に祝ってもらうのが一番うれしいと言います。自分か築いた家族に囲まれながらのパーティは、この上ない幸せの時間になります。もうすっかり大人になった息子さんや娘さんがいて、さらにお孫さんがいて・・・。話題の中心はお孫さんかもしれませんが、それすらも幸せなことでしょう。
そんな場での乾杯は、ぜひ名入れワインで。自分の名前の入ったワインボトルは、それだけでもとてもステキなもの。ぜひ生まれて60年目となる還暦のお誕生日も一緒に入れてさしあげてください。その日のメモリアル感を一段とアップさせることができます。

贈る側の感覚としては、
「還暦の特別なお祝いなんだし、60年前の生誕(生まれた年)の西暦を入れた方がいいのでは?」
と考える人もいるようですが、お祝いをされる側としては、60年の人生の間に出会った人に、還暦を祝ってもらえることに喜びを感じているので、ぜひ60年目の誕生日の西暦を入れてください。
もちろん、絶対のルールがあるわけではないので、あえて生誕年(生まれた年)を入れるものステキですが。

⇒生まれ年の入ったワインが購入できるお店はこちら

生まれ年のワインで、人生の重みを感じる

還暦には、その日を祝うだけでなく、生まれてからその日までの重みを再確認することで、自分の人生のすばらしさを再認識してもらえるのが理想的です。60年という長い年月の重みを一番知っているのは主役自身。60年前のワインは、自然にその日々を思いおこさせる役割を果たします。

列車

さらに60年前のワインは、間違いなくヴィンテージ。誰もがヴィンテージワインを飲むことに憧れを感じています。それが自分の生まれ年のものだなんて、この上ない感動に違いありません。
深みを増した芳醇な風味や色合いが、自分の人生と重なって、その味わいがより深いものに感じられることでしょう。

「でも60年もののワインなんて、高くて・・・」
そんな風に考える方もいるかもしれません。60年前のワイン。確かに高そうですよね。
でもものは考えよう。

みんなで一緒に贈ってみてはいかがでしょう?
贈られる方としても、たくさんの人に祝ってもらえるのはとてもうれしいこと。
さらにそれは、ただのヴィンテージワインというだけでなく、自分の生まれ年の名入れワインなのですから、なおさらたくさんの人から贈ってもらったということがうれしさにもつながるでしょう。
ひとりではちょっと・・・。と考える人は、ぜひみんなに声をかけてみてください。

⇒生まれ年の入ったワインが購入できるお店はこちら

その日をいつまでも・・・

最近は、定年が流動的になる傾向にありますが、それでも多くの人は60歳を機に、プライベートな時間が増えます。それまでは忙しい日々に追われ、なかなか振り返ることが少なかった自分の人生を、いろいろな機会にふと思い返す機会が増えるといいます。

ポスト

そんな時に、還暦のお祝いに大切な人から贈られたワインボトルを眺めてみるのも、余生の至福の時間かもしれません。そこまでの人生を思い出すのも、還暦の祝いの日やみんなの笑顔を思い出すのも、それはとても幸せなもの。そのボトルを愛おしそうに手にしながら、幸せそうな笑みをたたえつつ、あれこれ考えている姿を目にするのは、生まれ年の名入れワインを贈った人の満足にもつながるでしょう。

⇒生まれ年の入ったワインが購入できるお店はこちら

生まれ年ワインについて

記念日のサプライズ体験談集

↑ home